BLOGブログ
BLOG

顔のタルミと姿勢の関係。見た目年齢が確実に変わります。

2018/07/26
ロゴ

こんばんは。Coco La Beaute店長の杉原です。

 

前回のブログで、お顔のタルミの原因が「真皮の衰え」「お顔の筋肉の衰え」「皮下脂肪の衰えと肥大化」にあるとお伝え致しました。

が、実はもうひとつ、身体の歪みも、お顔のタルミの原因の一つなのです。欧米人と比べて骨格や筋肉が華奢な日本人は特に、意識しなければ、どうしても顎が前に出て猫背になりがち。顔は首から背中まで、背骨・リンパ線で繋がっていますので、姿勢が悪くなれば、二重アゴやフェイスラインがたるむ等の症状が現れます。

と言うのは、猫背により肩甲骨や肩が歪む事により、リンパや血液の循環が滞り、顔の老廃物も流れが悪くなる→頬の皮下脂肪に老廃物が蓄積されて肥大化→支えきれずに下がる→ほうれい線やブルドックラインが現れる・・・と言う恐ろしいメカニズムcrying

と言う訳で、普段から背中を意識して生活してみて下さい。

PCやスマホに夢中になりすぎると、長時間、猫背のまま固まってしまうと思いますが、「ハッ!」と気付いた時だけでも首の位置や背骨を直してみるとかね。呼吸も浅くなっているはずですので、胸を開いて深呼吸もしちゃいましょう。ちょっと意識するだけでも全然違いますよ。

 

実は、私は以前はウォーキング・インストラクターとして活動しておりました。正しい姿勢・正しい足さばきで歩けば、筋肉の位置が変わり、ひいては筋肉に覆われている骨格も正しい位置に戻ってきます。

現在は、ボワールリフティングのメソッドでお顔のみのケアをさせて頂いておりますが、そのうちに、ウォーキングのお教室をもう一度再開してみたいな、と思っています。

やはり健康と美しさはワンセットですからね。

ご希望があれば、ご来店の際にウォーキングのワンポイント・アドバイスも致しますよ~(^^)。